時代 立木 義浩 1959-2019 写真展 2019.5.23(木)-6.9(日) 会期中無休 上野の森美術館 開館時間/10:00〜17:00 ※金曜日は20:00まで開館 ※入場は閉館の30分前まで

「人間は割り切れない。写真は割り切れない人間を、四捨五入する」

1958年、21歳で写真の仕事をはじめた立木義浩は、
1965年、『カメラ毎日』の巻頭56ページにわたって掲載された
『舌出し天使』で、一躍、世間の注目を集めた。
センセーショナルなほどに、
立木義浩の名は一気に広まった。
以来、俳優やタレント、小説家、政治家などの著名人と
どこにでもいる市井の人々を、数えきれないほど撮影してきた。
立木義浩のポートレート写真は、
広告・出版・雑誌・映像など、媒体を網羅して拡散した。
そういう時代だった。
そして、もうひとつ。
「抽斗にしまってある大切なもの……」
彼が、そんなふうに表現するジャンルがある。

ポートレートとともに、
立木義浩を語るうえで欠かせない大切なこと——。
それが、スナップである。
日本の町や村、アメリカ、ヨーロッパ、アフリカ、
さまざまな国と地域で、
そこにある日常と、光と影を切りとってきた。
「写真は、基本は失敗、いささかの成功があるのみ」
そうつぶやきつつ、写真への熱情は、いまなお衰えることはない。
写真展『時代』は、
1Fに著名人たちのポートレート、2Fにスナップ、
というふたつの世界で構成される。
これは、立木義浩60年の集大成ではない。
ただの、通過点だ。

「写真のために存在しているものは、ない」

立木 義浩 YOSHIHIRO TATSUKI
  • 1937年、徳島県・徳島市の写真館に生まれる。 1958年、東京写真短期大学(現・東京工芸大学)技術科卒業。
    その後、広告制作会社アドセンター設立時にカメラマンとして参加。
  • 1969年、フリーランスとなり、女性写真の分野で多くの作品を発表する一方、広告・雑誌・出版など幅広い分野で活動し、現在に至る。
  • 1965年に日本写真批評家協会新人賞、1997年に日本写真協会賞年度賞、
  • 2010年に日本写真協会賞作家賞、2014年に文化庁長官表彰など受賞。
[主な著書]
  • 1971年 『GIRL』 『私生活/加賀まりこ』 1980年 『MY AMERICA』
  • 1990年 『家族の肖像』 1998年 『東寺』 2001年 『KOBE・ひと』 2007年 『ありふれた景色』
  • 2012年 『小女』 『Tōkyōtō』 『Yoshihiro Tatsuki 1〜8』 2013年 『étude』  など他多数

[チケット情報] 観覧料 当日券 一般:¥1,200 大学・高校生:¥800 中学生以下:無料 ※表示料金は消費税込。 ※学生は身分証等をご提示ください。
※障害者手帳をお持ちの方とその介護者は無料(入館の際に障害者手帳をご提示ください)。

交通
  • ◯JR上野駅公園口より徒歩3分
  • ◯京成電鉄上野駅より徒歩5分
  • ◯東京メトロ銀座線、日比谷線上野駅より徒歩5分

※駐車場はございませんので、お車でのご来場はご遠慮ください。

上野の森美術館
東京都台東区上野公園1-2
www.ueno-mori.org